cart guide contact site map
RSS
 

NY流 我が家をおもてなし空間に ~vol.1

ニューヨーカーのおもてなしでいつも感心するのが、来客を『ウェルカム』な気分にさせるのが上手だということ。

ちょっとした心遣いやさりげないひと手間でゲストをより心地良く、くつろいだ気分にさせることができるものなんですね。

例えば、玄関口に焚いたキャンドルの爽やかな香り(ある時は、トマトの香りが印象的でした)、手洗いの後のフカフカのタオル、手土産のクッキーと共に出された最高に美味しい紅茶・・・私もそんなもてなし上手のニューヨーカー達を見習って急な来客時でもささっと準備できるお助けアイテムをいくつか常備するようにしています。


**************

●基本ルールで叶う すっきり&くつろぐお部屋づくり

さて、ニューヨーカーのインテリアと一口にいっても人種も色々、テーストもそれぞれですが、私の周りのニューヨーカーのお宅のほとんどは、すっきりとミニマムな印象。

世界一家賃の高いこの街だからこそ、あまり物を置かず、合理的な家具の配置でスペース確保しなければならない事情が根底にあるのかも。

おもてなし空間といえばやはり、リビング、ソファとコーヒーテーブルがあるコーナーを思い浮かべますが、大抵、下のイラストに見る基本的ルールのがあるみたい。




いかにくつろげる空間を限られたスペースで合理的につくれるかに重点が置かれています。もちろんアレンジにより個々の個性が発揮されるのはもちろんですが、基本の「キ」を押さえておけば失敗もありませんね。

*********

このように、すっきりした状態を常にキープするために、合理的な収納を確保することは必須。皆、見た目にすっきり、クール!な収納が上手です。

ここではチープなクリアケースはあえて封印。部屋に調和する素材の箱やケースを吟味を重ねて選ぶところから始めるのがニューヨーク流収納術です。




※このコラムはPHP研究社刊:『くらしラクール』5月号に掲載されたものです


ページトップへ